水戸地方農業共済事務組合
〒311-3122
茨城県東茨城郡茨城町
上石崎 4638-2
TEL:029-293-8801
FAX:029-293-7781
開庁時間 8:30〜17:15
閉庁日 土曜、日曜、祝日

地域情報

イチジクジャム,甘露煮

洋菓子店と連携

 茨城町小鶴の遅野井茂樹(おそのいしげき)さん(76)は妻と2人で,水稲,イチジク,花(ハナショウブなど)を栽培する農業経験60年以上のベテラン農家。知人の勧めで8年前にハウス6棟20アールでイチジク(「桝井(ますい)ドーフィン栽培に取り組み,5年前からジャムの販売を行っている。
 遅野井さんは,8月中旬から収穫する完熟イチジクを冷凍して長野県の製造業者に送る。原形が残るプレザーブスタイルのジャムに加工される。「完熟で収穫したものだから甘くておいしいですよ。パンやヨーグルトと食べるのがお薦めです」と話す。
 「遅野井さんちのいちじくジャム」は1個400グラム1,300円で,茨城町大戸の直売所「さくら」,「ポケットファームどきどき茨城町店」,大洗アウトレット内「大洗まいわい市場」などで販売している。地域情報誌に掲載され,売れ行きは順調だ。
 甘露煮は試行錯誤の末,商品化し,今年から直売所などで販売する予定だ。11月中旬に青い未熟イチジクを収穫し,ブランデーを加え煮詰める。甘さひかえめの爽やかな味で,ブランデーがほのかに香りおいしいという。1キロ500円程度で販売する予定。
 「収益性と寒さに弱いイチジク栽培の難しさが今後の課題です」と遅野井さん。「今年,県内の洋菓子店が生の完熟イチジクを使ってケーキを作る話があります」と話す。
△問い合わせ先=遅野井茂樹さん(☎029−292−3066)

画像1
画像2