水戸地方農業共済事務組合
〒311-3122
茨城県東茨城郡茨城町
上石崎 4638-2
TEL:029-293-8801
FAX:029-293-7781
開庁時間 8:30〜17:15
閉庁日 土曜、日曜、祝日

地域情報

ハーブ栽培から加工・販売まで

販路拡大して観光農業を

ハーブ栽培から加工・販売まで『販路拡大して観光農業を』 茨城町

 「古くから健康に良いとされるハーブを少しでも多くの人の生活に取り入れてもらいたいですね」と話す茨城町下石崎の児玉正輝さん(59)。2年前に「(株)涸沼ハーブの里」を立ち上げ,ハーブを栽培し,加工して販売に取り組む。
 福島県で観光関係の仕事をしていた児玉さんは会社を退職後,知人の紹介で茨城町の涸沼近郊へ移り,約50アールの耕地を借り受けて就農した。以前からハーブに興味があり,在職中にハーブ園の立ち上げなどに携わった経験や知識を生かしている。
 児玉さんは,農薬や化学肥料を使わず安全・安心なものを価格を低く設定して通販や地元の直売所などで販売する。種類はバジルやイタリアンパセリなどのフレッシュハーブをはじめ,ハーブティー用のカモミールやレモングラス,レモンバーム,ローズマリーといったドライハーブなど十数種類を育てている。昨年秋にはハウスを設置。ハウス内で栽培したり,寒さに弱いハーブを株上げしてハウス内で育てたりしている。春には露地へ植え替えを行うなど一年を通してハーブを切らさないような工夫を凝らす。
 収穫は機械での作業ができないため,全て手作業。カモミールの花を1万個摘むのに朝から晩まで1日かかってしまい,「とにかく手間がかかるので大変です」と話す児玉さん。今後について「ハーブの良さをもっとたくさんの人に知ってもらい,観光農業ができるよう農産物として販路を拡大し,地域にも貢献したい」と話している。(近藤

画像1
画像2